auひかりを家電量販店で申し込んだ際のキャッシュバックについて

auひかりはインターネット回線を申し込める場所であれば、あらゆる場所で申し込みが出来る光回線です。

家電量販店でもネット回線の申し込みをすることが出来るため、auひかりの申し込みをすることが可能です。しかしながら家電量販店でauひかりを申し込むのは正しい判断といえるのでしょうか。

ここでは家電量販店のキャッシュバックを解説していきます。


auひかりはさまざまな店舗で加入した際にお得な特典を受けることが出来る

家電量販店ではパソコンも販売しているという事もあって、インターネット回線の申し込みをする専用のカウンターが設けられています。そこではインターネットを解説するためのプロバイダー加入の手続きや、工事の申し込みなどさまざまな手続きをしたり、わからないことについての質問を受け付けていたりします。

また最近ではパソコンだけではなく、何かしら家電商品を購入した際に、一緒にネット回線の契約もどうですかといった具合に家電量販店のスタッフからネット回線へ加入することのお誘いを受けることもあるでしょう。そしてネット回線への申し込みをしようか迷っている人に対して、さまざまなキャッシュバックや特典があることを説明してくるはずです。

キャッシュバックという事は、お金が戻ってくるという事なのでとてもお得だという気持ちになり、加入を検討しようかという考えになる人も多いでしょう。しかしauひかりを取り扱っているのは家電量販店だけではありません。

携帯電話の契約などをするauの代理店でもauひかりを取り扱っており、携帯電話の契約と併せてauひかりへの申し込みを勧誘してくることがほとんどです。そして代理店でも独自のキャンペーンを実施している場合がほとんどで、その期間中にauひかりに申し込むことによって各店舗が設けているキャッシュバックなどの特典を受けることが出来ます。

キャッシュバックや特典はどのように設定しているのか

auひかりは親会社であるKDDIが供給している光回線です。家電量販店で申し込んでも、携帯電話を契約する代理店で申し込んでも月々の使用量は家電量販店や代理店に入ることはなく、回線を供給しているKDDIへと入ってきます。

ではなぜ家電量販店や代理店はキャッシュバックなどキャンペーンを実施してまでAUひかりの加入者を募っているのでしょうか。auひかりに加入させたとしても、月々の使用料金が入ってくることはありませんが、AUひかりにお客さんを新規に契約させるとKDDIから加入者一人ごとに報酬が支払われるという仕組みになっています。

つまりこの報酬を得るために家電量販店も代理店も盛んにAUひかりに加入させようと営業活動をしているというわけです。そしてキャッシュバックや特典はKDDIから支払われる報酬の一部を顧客に還元する形で実施しています。

そして、キャッシュバックに関しての取り決めは特に設けられていません。

KDDIからはキャッシュバックなど特典について特に制限をしてくるという事もないので、お店ごとに自由にキャッシュバックの料金や条件などを設定することが出来ます。したがって家電量販店でも企業によってキャッシュバックの内容が異なるどころか、同じ企業であっても店舗によって内容が違うというようなケースもあります。

代理店も同様に、すべての代理店が同じキャッシュバックになっているというわけではなく、お店ごとに独自のキャッシュバックを設けている場合がほとんどです。

主要家電量販店のキャンペーンの内容

では実際にどういったキャッシュバックを設定しているのかを主要家電量販店ごとにチェックしていきましょう。ただしここで解説するのはあくまでも多くの店舗で実施されているキャンペーンなので時期や店舗によって実施されている内容が異なっている場合もあります。

まずヤマダ電機のキャンペーン内容は「店舗ごとに指定されている家電商品の値引き」となっていて、値引き額は最大4万円となっています。指定商品の値引きをしてもらえるという事は、つまりヤマダ電機で何らかの家電商品を購入して、それと同時にauひかりを開通させなければこの特典を受けることができないという事になります。

ヤマダ電機以外の大型家電量販店といえば、ビックカメラとヨドバシカメラですが、この2店舗は両方とも「2万円相当の各量販店でのみ使用できる割引券がもらえる」といったキャンペーン内容になっています。割引券はauひかりの開通手続きが終了した際に配布されます。

また上記家電量販店以外で有名どころといえばケーズデンキ、エディオンといった企業になりますが、これらの店舗で実施されているキャンペーンも対象商品の値引きまたは割引券の配布となっています。更に店舗や時期によってはキャンペーンそのものを一切おこなっていないという場合もあります。

一時期は高額商品券などをもらえたこともありましたが、現在家電量販店ではそういったキャンペーンを実施している店舗は見受けられません。さらに注意しておかなければいけないのが、ほとんどの家電量販店でauひかりの申し込みと同時に有料オプションの申し込みも行わなければいけない、という事です。

有料オプションは加入後すぐに解約をすればその月の料金を支払わずに済みますが、もし解約を忘れてしまうと使いもしないオプションの利用料金を支払わなければいけなくなってしまいます。

代理店のキャンペーン内容は?

代理店のキャンペーン内容は申し込む場所によって様々ですが、その内容は家電量販店とは大きく異なります。例えばauひかりを利用する際に最も人気があるプロバイダはso-netですが、公式ページで申し込みをすると3年間、通常の使用料金から大幅に割り引いてくれます。

つまり手元には戻らないものの、キャッシュバックをしてもらっているのと同じ状況です。合計するとなんと7万円以上もの割引になります。

家電量販店では申し込まないほうが良いかも

家電量販店での申し込みと、代理店での申し込みの各特典を比較すると単純に金額だけ比較しても、代理店などで申し込みをしたほうがお得なのは一目瞭然です。よほどのことがない限りは家電量販店殿お申し込みはあまり賢い選択肢とは言えないでしょう。

家電量販店以外での申し込みをしよう

auひかりはさまざまな場所で申し込みができ、家電量販店でも申し込みの勧誘を受けることがあるでしょう。家電量販店は商品の値引きや割引券の配布などといったキャンペーンを実施していますが、家電量販店で申し込みをするよりも、プロバイダーや代理店で申し込んだほうが特典内容が充実しています。

よほどのことがない限りは代理店やプロバイダーで申し込みをしたほうが良いでしょう。